ドラマ

わたし旦那をシェアしていた第2話ネタバレ&あらすじ&感想!離婚したモラハラ旦那登場で晴美がパニックに・・・7月11日放送

「わたし旦那をシェアしていた」の第2話のネタバレ/あらすじ/感想をまとめてみました!

シロ
シロ
森下晴美(小池栄子)の元旦那が登場。モラハラ旦那の行動&発言が恐ろしかったです・・・。

ちなみに晴美の元旦那のモラハラ男は、安井順平さん。

リアル感満載で、見ているだけでものすごく苛立ってしまうような役柄を演じられていました(笑。

第一話をチェックしていない人はこちらからチェック↓

わたし旦那をシェアしていた第1話ネタバレ&あらすじ&感想7月4日放送7月4日放送開始の新ドラマ「わたし旦那をシェアしていた」の第1話のネタバレ/あらすじ/感想をまとめてみました! わたし旦那をシ...

ロケ地はこちらにまとめてます↓

わたし旦那をシェアしていたロケ地&撮影場所まとめ!シェアハウス・保育園・病院の場所を紹介します【随時更新】7月3日から放送が始まったドラマ「わたし旦那をシェアしていた」。 この記事では「わたし旦那をシェアしていた」のロケ地や撮影地につい...

わたし旦那をシェアしていた第2話ネタバレ&あらすじ&感想

わたし旦那をシェアしていた第2話ネタバレ&あらすじ

 

シェアハウスでは、森下晴美(小池栄子)とその娘の沙希、小椋加奈子(りょう)と息子の透、藤宮茜(岡本玲)の双子の子供たち(慎吾・慎香)との共同生活が始まった。

そんな中シェアハウスの管理人の染谷文江(夏木マリ)は、3人に

「天谷恭平(平山浩行)がなぜシングルマザー専用のシェアハウスを運営し始めたのか?」

という課題を与える。

シェアハウスでの共同生活になれない中、晴美は元夫の室井正樹(安井順平)と再会する。

娘の沙紀(平澤宏々路)から連絡が来て、恭平のことを知らされ、二人が心配となっていても経ってもいられず会いに来たと言う。

しかし晴美は、過去の正樹(安井順平)との生活のトラウマから正樹を拒絶。

辛かった結婚生活を思い出してしまい、勝手に連絡を取った娘の沙紀(平澤宏々路)に対して、その理由を問い詰めてしまう。

しかしそんな晴美(小池栄子)に対し、沙希は反発をし苛立ちを隠せない。

一方シェアハウスでは、警備員兼雑用係として松田秀明(赤楚衛二)が文江に雇われ、働き始める。

そんな中またも元夫の正樹(安井順平)は晴美に会いにきて、沙紀が送信して来た「死にたい」というメッセージを晴美(小池栄子)に見せる。

正樹(安井順平)は、晴美が沙紀のことを考えていないせいだと責め、そんな高圧的な態度をとる正樹の態度に過去がフラッシュバックしてくる。

過去の結婚生活で正樹(安井順平)にモラルハラスメントを受けていた晴美(小池栄子)。

精神的にも肉体的にも辛かった日々を思い出してしまい、身体の不調が出てくるように。

そんな晴美はまずは娘との関係を修復できたら・・・、と、沙紀がいつも身につけているブレスレットに似合うイヤリングをプレゼントする。

しかし沙希は受け取ろうともせず「本当に人の気持ちがわからないんだね」と晴美(小池栄子)に言い放つ。

さらに「恭ちゃんの大事な秘密を知っている」と言い残し、そのままシェアハウスを飛び出していってしまう。

晴美と沙紀のやりとりを見ていた加奈子と茜は、母親としての役目を果たしていないと晴美を攻め立てる。

晴美は家を飛び出していってしまった沙紀のあとを追うも、目の前に正樹(安井順平)が現れる。

正樹は晴美には沙紀のことを任せておけないから自分が育てると言い放つ。

晴美はその発言に正樹に沙紀を奪われるのではないかとパニックになり、またも過去のフラッシュバックが出て来てしまう。

沙紀の心は父親の方へと傾いていた。

しかしそこに加奈子と茜が現れ、正樹がお金目当てで沙紀に近づいていると言い放つ。

沙紀を引き取れば3億円が自分の元に入ってくると考えていた正樹。

しかしその3億円が自分の元に入らないと知ると、手のひらを返したようになる。

沙紀は父親とは決別をし、母親の元へと戻る。

シェアハウスへと戻った森下晴美(小池栄子)と小椋加奈子(りょう)と藤宮茜(岡本玲)は、恭平と出会ったきっかけについて語り合う。

晴美が「車に引かれそうになったところを救ってもらった」と語り始めたところで、沙紀が会話に加わる。

そしていつも身につけているブレスレットが恭平からもらったもので”沙紀が晴美を守る恭平との約束の証”だったということを晴美へと伝える。

その事実を知り、恭平と沙紀の思いを知る晴美。

晴美と沙紀との間にあったわだかまりはここで消え去り、プレゼントとして沙紀に送ったイヤリングを晴美は沙紀の耳につけてあげる。

そして晴美たちは文江(夏木マリ)に課題として出された問題に対し、

「シングルマザーが抱えている寂しさや痛みをシェアすることでシングルマザーが生きやすくなると思ったから」

と答える。

そんな答えに文江は正解を与えるが、この答えは3人で出したものだからと「勝者なし」となる。

またこの時に晴美たちは文江から、恭平の2つ目の嘘を知らされる。

それはなんと恭平が余命半年だったという事実。

あまりにも急な展開に3人は動揺を隠せないようだった。

わたし旦那をシェアしていた第2話を見た感想

今回は晴美とその娘の沙希とのやりとりが多かったですが、まさかの元旦那の登場にはびっくりでした。

しかもその旦那のモラハラっぷりといったらもう見ているだけで本当にイライラしたという(苦笑。

回想シーンとかほんと見ていて苛立ったし、けど、現実にそういう旦那ってたくさんいるんだろうなぁと思うと、ちょっと切なくなったり。

シロ
シロ
晴美があのモラハラ旦那と離婚できてよかったと思う一方、過去がフラッシュバックするシーンを見るのは本当に辛かったですね・・・。

けど、そんなモラハラ旦那とのやりとりの最中に小椋加奈子(りょう)と藤宮茜(岡本玲)が登場した瞬間は、

シロ
シロ
助けてくれるヒーローが来たよ! 

とちょっとテンションが上がってしまいましたね。

モラハラ旦那は優しく見せかけておいて、けどやりとりが始まってみればやっぱりモラハラで「お前」とか呼び捨てるし、もしあのシーンで小椋加奈子(りょう)と藤宮茜(岡本玲)が現れなければどうなっていたかと思いますよ、ほんと。

それと最後のシーンで3人の妻たちが旦那との出会いを楽しそうに話していたシーンは、なんか見ていて微笑ましかったですね。

まとめ

晴美と沙希とのやりとりがきっかけで、なんとなく雰囲気が変わった感じがしました。

ただ第3話では第4の女が登場するみたいなので、今後さらに波乱の展開があるかもしれません。

いや、物語がさらに荒れるんだろうなぁと勝手に想像してしまいますが(苦笑。

ということで以上、

わたし旦那をシェアしていた第3話のネタバレ&感想

でした!

関連記事

第一話を見逃してしまった方はこちらをどうぞ↓

わたし旦那をシェアしていた第1話ネタバレ&あらすじ&感想7月4日放送7月4日放送開始の新ドラマ「わたし旦那をシェアしていた」の第1話のネタバレ/あらすじ/感想をまとめてみました! わたし旦那をシ...

ロケ地はこちらにまとめています!

シェアハウスは実際に実在している民家でしたよ!!!

わたし旦那をシェアしていたロケ地&撮影場所まとめ!シェアハウス・保育園・病院の場所を紹介します【随時更新】7月3日から放送が始まったドラマ「わたし旦那をシェアしていた」。 この記事では「わたし旦那をシェアしていた」のロケ地や撮影地につい...